No 1970  第53回「内海メーテレ花火大会」のお知らせ

8月17日(金)の夜、内海海水浴場において、「第53回内海メーテレ花火大会」が開催されます。なお、小雨決行ですが、荒天の場合は中止となります。

主催は、内海観光協会様、メーテレ様であり、南知多町、内海地区区長会様、名古屋鉄道様、知多乗合様、名鉄海上観光船様が後援しています。

まずは、午後7時から号砲等があります。海水浴場の前の堤防から打ち上げられますので、場所によっては、真上から花火が降ってくるような感覚になることもあります。ゴザを敷いて、寝転びながらの見物も可能です。水中スターマインも迫力満点です。

夏の風物詩ともいえる花火大会を楽しんでいただきたくお知らせいたします。

8月17日(金)の夜、内海海水浴場において「第53回内海メーテレ花火大会」が開催されます。

カテゴリー: 教育長のつぶやき | No 1970  第53回「内海メーテレ花火大会」のお知らせ はコメントを受け付けていません。

No 1969  きずなの会 第5回 防犯・交通安全部会

8月15日(水)夜、山海公民館で開催された「内海・山海まちづくり協議会 きずなの会 第5回 防犯・交通安全部会」に出席しました。

月に1回開催しており、活動の反省と計画、役割分担などを話し合うものです。

8月15日といえば、日本社会では「お盆」ですが、真面目な人が多いのか、予定通り開催し、9月のパトロール計画などを立てることができました。

私は8月下旬に1回、9月に2回参加することにしました。夜のスケジュールが面白いほど埋まっていきます。

なお、油断はできませんが、本年の南知多町の刑法犯罪(窃盗犯など)発生状況は、昨年より減少しています。

7月末現在の暫定数値ですが、37件であり、昨年の55件に対して32.7%も減少しています。私たちの地道な活動の成果もあるのではと思いたいですね。

自分が参加する予定であった7月28日(土)の防犯パトロールは、台風で中止(私は台風の被害が心配で、役場で待機していました。)になりました。そのこともあり、8月下旬から3回連続で防犯パトロールに参加します。見せる防犯、頑張ります。

「地域安全対策ニュース」 振り込め詐欺の被害防止対策が示されています。チェックシートにもなっています。

カテゴリー: 教育長のつぶやき | No 1969  きずなの会 第5回 防犯・交通安全部会 はコメントを受け付けていません。

No 1968  黙祷(もくとう)しました。 戦没者の追悼と平和への願いを込めて

8月15日(水)、全国戦没者追悼式が行われた日に、南知多町役場におきましても、職員が黙祷を捧げました。

先の大戦で犠牲となられた方々に心から追悼の意を表するとともに、戦争の悲劇を二度と繰り返さないという平和への誓いを確認しました。

話は変わりますが、昨年度の子どもたちの作文には、ミサイルの事、自衛・防衛の事、平和への願いなどが綴られた作品がいくつもありました。子どもたちは、自然災害の他に、ミサイルが発射された場合などに対する危機管理も考えていました。

しかし、今年度に入り、某国の非核化など世界情勢に変化が起こり、平和に向かっていく兆しが現れています。

終戦から73年が経ちました。私は戦争を知らない世代です。戦争の悲惨さは理解しているつもりですが、実体験がありませんので、実際のところはわかっていないのでしょう。

戦争の記憶が失われて行くことが心配されています。私は、子どもたちに、戦争の怖さと平和を希求する思いを伝えていくとともに、現実に起こるかも知れない事象に対する危機管理もおろそかにしないよう伝えていかなければということを思っています。

全国戦没者追悼式が行われる日は、平和の大切さを考える日にしなければなりません。

 

カテゴリー: 教育長のつぶやき | No 1968  黙祷(もくとう)しました。 戦没者の追悼と平和への願いを込めて はコメントを受け付けていません。

No 1967  第31回「豊浜地区 盆 ソフトボール大会」

8月14日(火)、町運動公園で「第31回豊浜地区 盆 ソフトボール大会」が開催されました。

私は、町長とともに開会式・始球式まで参加してきました。

お盆の恒例となっているのは、帰省された人も参加できるようにという意図で、毎年8月14日に開催することを申し合わせて実施されているからです。

第31回という長い歴史がありますが、それ以前には野球大会が開催されていたという話もお聞きしました。

豊浜地区では、恒例の盆踊りも盛大に開催されますので、区長様を始め大会の役員様方は、大変忙しいと思いますが、地元の若者や帰省した若者などの親交、絆づくりに欠かせない大会になっていました。

暑い中であり、開会式で立っているだけで汗が噴き出てきました。皆様の頑張りに脱帽です。

役員の皆様のご尽力に深く敬意を表します。ありがとうございました。

開会式。来賓あいさつは、石黒町長です。

準備運動

整列。

試合が始まりました。

頑張れ

カテゴリー: 教育長のつぶやき | No 1967  第31回「豊浜地区 盆 ソフトボール大会」 はコメントを受け付けていません。

No 1966  師崎地区「第36回親子ウルトラクイズ大会」

8月13日(月)の夜、師崎小学校グランドで開催された青少年を育てる会師崎支部様と同ふれあい活動部様の共催による「第36回 親子ウルトラクイズ大会」に出席しました。

石黒町長、小嶋町議会議員様、師崎小の井上校長先生、師崎中の大岩校長先生も来賓としておみえになり、クイズの出題もされました。

この大会は、毎年、お盆の8月13日に開催されており、36回も続いている伝統のある恒例行事です。大会用に組み立てられた櫓(やぐら)は明日の盆踊りにも使われます。

大会は、○×クイズ形式であり、問題には1点問題、3点問題、5点問題があり、正答した場合の得点カードを集計した合計得点で順位が決定します。第1位から第10位までの10組の皆様が表彰され、賞品をゲットされました。

出題の傾向ですが、師崎小学校にまつわる問題の他、スポーツや理科関係が多かったと思いました。

「第7問目の質問の答えは○であった? ○か×か?。」という出題に「知るか!」「覚えているか!」といった来賓席での声がありました。

「前回1964年に東京オリンピックが開催されましたが、町長と教育長は生まれていた?」という問題では、「今、何歳ですか?」と聞いてくる子も多くいました。「この問題ではネット検索しても良いよ。」と答えましたが、むろん検索している時間もありませんし、答えが出ているわけではありません。

最後の方は知識ではなく、勘とか運が勝負の分かれ目になっていたように思います。

子どもたちが楽しく競い合うことができ、地域の輪が広がり、人々の連携が促進されるという大きな効果のある行事だと思います。

青少年を育てる会師崎支部様の活動に心から敬意を表しますとともに、ふれあいや交流を通じて、明るく健全なまちづくりが今後とも末長く続くことを祈念申し上げます。

皆様、お疲れ様でした。役員の皆様、ありがとうございました。明日の盆踊りも頑張ってください。

来賓を代表して、石黒町長があいさつされました。

たくさんの皆様が参加されていました。

同上

〇か☓かを選択して移動します。

難問に苦戦していました。

座り込んで得点を計算している子もいます。

上位入賞者は一言コメントが必要です。

記念撮影です。おめでとうございました。

 

 

 

カテゴリー: 教育長のつぶやき | No 1966  師崎地区「第36回親子ウルトラクイズ大会」 はコメントを受け付けていません。

No 1965  山海夏まつり

8月12日(日)、山海公民館周辺で「山海夏まつり」が開催されました。

内海・山海まちづくり協議会「きずなの会 ふれあい部会」様の主催であり、多彩な催しが展開されました。

例年の私は、他地区の行事へも出席しなければならず、最後まで留まったことは初めてでしたので、来場された方の多さ(延べで300人以上は来場されたと思います。)に驚きました。

屋台では、焼き鳥、たこ焼き、ラーメン、フライドポテト、かき氷、ボールすくい、飲み物などが出ており、行列ができていました。地域の皆様が担当されており、そのご尽力に敬意を表します。

催しは、こころ会様の和太鼓演奏、フラダンス、藤川まりこ様の歌謡ショー、盆踊り、手筒花火の順に進み、楽しい時が過ぎていきました。

手筒花火の後には、岩屋区の方による「須佐音頭」が演奏されました。最後は初めての試みでしたが、ご存知「ダンシングヒーロー」でした。上手い下手は関係なく、100人くらいの皆様が力の限りを尽くして踊られていました。

私は観客の立場でしたが、迫力に圧倒されました。地域の絆を深め、元気を共有し、盛り上がった夏まつりでした。皆様、お疲れ様でした。ありがとうございました。

なお、この教室の模様は、ニュースCCNC 地デジ11ch(111ch)で放送される予定です。

◎ニュースCCNC(地デジ11ch)放送予定

・8月15日(水)18:30~  21:00~  23:00~

・8月16日(木)5:30~  7:00~  10:00~  12:00~

◎ニュースCCNC総集編 地デジ11ch(111ch)放送予定

・8月19日(日)6:00~ 10:00~  18:00~  22:00~

ただし、放送予定は変更となる場合もございますので、ご了承ください。

内海・山海まちづくり協議会「きずなの会」の二宮達好会長が、開会のあいさつをされました。

フラダンス

会場の様子です。

同上

櫓の周りで踊ります。

同上

手筒花火

カテゴリー: 教育長のつぶやき | No 1965  山海夏まつり はコメントを受け付けていません。

No 1964 葉脈・べっこうあめ・踊るヘビ? 「こどもおもしろ実験教室」

8月9日(木)午前、町保健センターで「こどもおもしろ実験教室」を開催しました。

私は見に行くことができませんでしたが、担当者から報告していただきましたので、ブログに載せさせていただきます。

子どもたちの理科離れが心配されていますが、南知多町では、町内の学校に在籍する先生方に実験を通して理科の面白さを教えていただいています。

この日も次のような3種類の実験を行っていただきました。

参加された皆様は、あらためて理科の面白さ、興味深さを覚えたことと思います。

余談ですが、私も個人的には理科が大好き(成績は関係なく)でした。皆さん、お疲れ様でした。講師役をお願いした先生方には、準備から実施までお世話にになり、厚くお礼申し上げます。ありがとうございました。

◎実験のタイトル

①葉脈標本を作ろう

②状態変化をつかって、べっこうあめを作ろう

③踊るヘビを作って、音を見よう

こどもおもしろ実験教室(南知多町保健センター 調理室)

同上

カテゴリー: 教育長のつぶやき | No 1964 葉脈・べっこうあめ・踊るヘビ? 「こどもおもしろ実験教室」 はコメントを受け付けていません。

No 1963  南知多町・下諏訪町友好交流事業 2018

8月9日(木)早朝(午前7時)に、「第6回南知多町・下諏訪町友好交流事業」として、南知多町内の5・6年生34人を乗せたバスが、町総合体育館から出発しました。

小学生友好交流訪問団は、夏の下諏訪町を訪問し、自然体験アクティビティー(カヌー、アドベンチャーゲーム、バームクーヘン作り)、夕食(カレーライス)づくり、キャンプファイヤー、しもすわまちあるき探検などを通して、下諏訪町の小学生33人と交流を深めていただくことになっています。

1泊2日の行程で、2日目の最後にオルゴールづくりをして南知多町に帰ってくる日程となっています。

子どもたちの活動の様子は「南知多町のツイッター」で紹介されると思っていましたが、今回は、標高が高く、さらに深い山の中の「いずみ湖公園研修の家」での活動ということで、電波の通信環境から想像しますと、ライブに近い通信は不能であると思われます。

そこで私は、「南知多町のツイッター」を補おうと考え、本日は少し早目の午後9時台からブログを書き始めました。

私が見てきた限りでは、子どもたちは、初日の食事前に行ったアイスブレークタイムですぐに仲良しになり、自然体験アクティビティーでも楽しく活動していました。力を合わせている活動も観させていただきました。

私は途中で帰ってしまいましたが、キャンプファイヤーや就寝時(子どもたちは男女に分かれ2部屋、80畳と84畳という大部屋で寝ます。)の枕投げ?も楽しんでいたのではないでしょうか。

参加した児童の皆さんには、南知多町では味わうことのできない山という自然環境の中で、貴重な体験を通して、たくさんの友達をつくってくれることを期待しています。

なお、参考ですが、本年6月30日に、南知多町は長野県下諏訪町様と姉妹都市提携を締結しました。

ライオンズクラブ様同士の交流に始まり、親交を深めてきて、本年ようやく姉妹都市提携の締結に至りました。

お互いの町が協力し、助け合いながら、切磋琢磨(せっさたくま:仲間同士互いに励まし合い競い合って向上すること)し、素晴らしい町を創り上げることを誓いました。

これまで以上に強く絆を深めてまいります。町民の皆様にも幅広い分野でのご理解をいただき、連携を深める活動にご協力賜わりますようお願い申し上げます。

南知多町出発式

南知多町の子どもたちが到着しました。両側では、下諏訪町の子どもたちがタッチで迎えてくれました。

歓迎式。下諏訪町青木町長様のごあいさつです。

歓迎式。石黒南知多町長のあいさつです。

南知多町と下諏訪町の児童による「交流宣言」です。元気良く宣言してくれました。

説明をしっかり聞くことができていました。

いよいよ、アイスブレイクが始まります。

アイスブレイク。急いで! 急いで!

バームクーヘン作り。時間がかかりましたが、協力して作ることができましたね。

同上。もうすぐ完成ですね。

カヌー体験。

同上。人気の高いアクティビティーです。

 

カテゴリー: 教育長のつぶやき | No 1963  南知多町・下諏訪町友好交流事業 2018 はコメントを受け付けていません。

No 1962 好きです海が 守りますあなたを 「青い羽根」

赤い羽根共同募金(福祉の推進のため)や緑の羽根募金(国土緑化、緑化意識の高揚のため)については、ほとんどの方がご存知だと思いますが、「青い羽根募金」を知っている人は少ないかもしれません。

公益社団法人「日本水難救済会」様では、一年を通して「青い羽根募金活動」を展開されています。

とりわけ7月と8月の2か月間は「青い羽根募金強調運動期間」と銘うって全国的なキャンペーン運動を展開されています。

この募金は、全国約52,000人のボランティア救助員の活動を支えています。

また、南知多町は3方を海に囲まれており、海の救難ボランティアの皆様に期待する所も大きいと思われます。

私も消防団員であった頃、海難事故発生時にはすぐさま駆けつけ、捜索活動に加わった経験が何度もあります。ご遺体を引き上げてきたことも2回あります。

起こってほしくはありませんが、「日本水難救済会」様の活動は大切であると思います。

皆様の心に留めておいてほしい言葉「好きです海が 守りますあなたを 青い羽根」。よろしくお願いします。

「好きです海が 守りますあなたを 青い羽根」  よろしくお願いします。

 

カテゴリー: 教育長のつぶやき | No 1962 好きです海が 守りますあなたを 「青い羽根」 はコメントを受け付けていません。

No 1961  酷暑の中の「郷土めぐり」

8月8日(水)、南知多町新規採用教職員等研修会「郷土めぐり」を開催しました。

初めて南知多町に赴任された先生方29名の皆様に篠島、日間賀島、そして半島側をめぐっていただきました。

普段は学校で忙しく跳び回っている先生方に、落ち着いて南知多町の豊かな自然や文化・歴史に触れていただき、心の栄養補給に繋げたいところでしたが、この暑さにはまいりました。昨日は立秋であり、暦の上では秋になったはずなのに、自然は私たちの思うようにはいきませんね。

毎年この暑い時期に行っていますので、日焼け止めは必須ですが、特別に暑い夏となり、紫外線だけではなく熱中症にも注意が必要でした。

平静さを取り戻すとかリラックスするどころか、修業のような研修になったかもしれません。本当にお疲れ様でした。

先生方自身が心と肌で感じた南知多町の良い所や悪い所を子どもたちに伝えていただけると幸いです。

ご案内や講師役を務めていただきました先生方や町職員の皆様、ありがとうございました。

日陰で開会式。私のあいさつも短めでした。

オリエンテーション

 

カテゴリー: 教育長のつぶやき | No 1961  酷暑の中の「郷土めぐり」 はコメントを受け付けていません。