No 1926  学校訪問(篠島小学校)

6月19日(火)、篠島小学校を訪問しました。

篠島小学校の本年度現職教育の研究主題は、昨年度に引き続き「篠島の将来の担い手としての自覚をもった児童の育成 ~『話す』『聞く』『書く』を効果的に取り入れた伝え合う活動を通して~」としています。

授業実践では、自分の考えを書く時間を設け、意見をまとめてから伝え合う活動に取り組まれています。

昨年の秋と同様、子どもたち同士が教え合い、学び合おうという姿を随所で見受けました。

大声でのあいさつには感動させられました。声の大きさと笑顔には、明るさと楽しさと元気さを感じました。

先生方は一人一人の子どもたちに寄り添い、自身をつけさせようと取り組んでいました。

篠島小学校の教職員の皆様に、心から感謝を申し上げます。ありがとうございました。

公開授業 1年 音楽科

公開授業 2年 国語科

公開授業 3年 理科

公開授業 5年 道徳科 「夢を実現するために」

公開授業 6年 社会科

特設授業 4年 国語科

同上

☆えいごではげまそう☆

「ほけんだより」 ひみこのはがいーぜ

研究協議会

カテゴリー: 教育長のつぶやき | No 1926  学校訪問(篠島小学校) はコメントを受け付けていません。

No 1925  Happy Father´s Day 父の日

6月17日(日)は「父の日」です。私の家にも、子どもたちから花が届きました。感謝と「頑張って」という応援の思いが詰まったプレゼントでした。

私が父親としてどう子育てをしてきたのか、家族を支えてきたのかを振り返りましても、反省しか浮かびませんし、今さら父親としての役割を求められても手遅れでしょう。

ただ、そのような記念日が用意されており、義理でもプレゼントをいただくのは嬉しいものですね。

参考ですが、日本ファザーズ・ディ委員会様が、明るく楽しい家庭づくりをしている父親とか、厳格なしつけをしている父親など、いくつかの選考基準のもとに「素敵なお父さん」と呼べる人を選び表彰されていることを知りました。

ベスト・ファーザー イエローリボン賞として、毎年5名くらいの方が表彰されています。2014年には大村秀章愛知県知事も表彰されていました。

私は無理ですが、世のお父さんたちに申し上げます。ベスト・ファーザー イエローリボン賞を目指されたらどうでしょうか。「フレー フレー お父さん」

「父の日」のお祝いにいただきました。

カテゴリー: 教育長のつぶやき | No 1925  Happy Father´s Day 父の日 はコメントを受け付けていません。

No 1924  豊浜地区家推協「すもう大会 豊浜場所」

6月17日(日)、豊浜中学校の「土俵」で、豊浜地区家庭教育推進協議会様の主催による「すもう大会 豊浜場所」が開催されました。

昨年に引き続き、第2回目の大会になります。

私は、石黒和彦南知多町長と一緒に1時間ほど応援してきました。

大会は、保育園児の部、小学1~2年の部、小学3~4年の部、小学5~6年の部、中学の部に分けられていました。

行司・審判や呼び出しには豊浜中学校の生徒も担当され、先生方も傍らでアドバイスされていました。

豊浜地区自主防災会の女性役員様による炊き出し訓練もあり、おいしそうなカレーライスが作られていました。

子どもたちと地域の皆様が触れ合う楽しい大会になっていました。皆様、お疲れ様でした。

集合がかかりました。

「石黒和彦」南知多町長の来賓あいさつです。

準備運動「すもう体操」です。けっこう長く、きつい体操でした。

実技指導(見本)です。禁じ手の解説もありました。覚えていかなければならないルールです。

子どもたち、頑張れ。

カテゴリー: 教育長のつぶやき | No 1924  豊浜地区家推協「すもう大会 豊浜場所」 はコメントを受け付けていません。

No 1923  山海川に「ホタル」が放流されました。

6月16日(土)の夜、山海川中域でホタルの成虫が放流されました。

今回は50名ほどの方が見守る中で、約200匹のホタルが放流されました。

地元の方が卵から孵(かえ)し、10カ月かけて育てた「ヘイケボタル」であり、子どもたちが放流したのです。

ヘイケボタルは、湿原や谷間の湿地やたんぼ周辺に生息する種類です。

ホタルが著しく減少してきたのは何故でしょう。河川の護岸をコンクリートにして、障害物を取り除いてきたことも一因のようです。災害に強くするために流れをよくしたことが、水中生物が流されたり、住みにくくなってしまったようです。農薬の影響もあると思います。

昔のように多くのホタルが育つ環境を取り戻すことは難しいと思います。自然繁殖まかせでは、おそらく山海川周辺のホタルは全滅してしまうのではないかと心配になります。

子どもたちが放したホタルは、大きな歓声の中で飛び交い、幻想的な光を放っていました。

ホタルの成虫は1~2週間しか生きられません。幼虫の頃は、小さな虫とかも食べているそうですが、成虫になると口が退化して水しか飲めなくなり、幼虫の時に蓄えた栄養分を使い果たすと寿命が尽きてしまうのです。

放流したホタルの「子ども」がこの地で育ってくれるといいですね。

ホタル放流会にたくさんの人が集まってきました。

約200匹のホタルが放流されます。

手のひらにとまっているホタル

幻想的な光を放ちます。

 

カテゴリー: 教育長のつぶやき | No 1923  山海川に「ホタル」が放流されました。 はコメントを受け付けていません。

No 1922  人を笑顔にしよう! 「おもいやり算」

豊浜小学校を訪問した時に、人を笑顔にする算数「おもいやり算」を見かけましたので、紹介させていただきます。

足し算、引き算、掛け算、割り算の語呂あわせです。

作者不詳ということですが、子どもたちに伝えたい思いが込められていると思います。

大人の心がけとしても大切なことだと思います。

① +(たす)  たすけあうと 大きな力になります。

② -(ひく)  ひきうけると 喜びが生まれます。

③ ×(かける) 声をかけると ひとつになれます。

④ ÷(わる)  いたわると 笑顔がかえってきます。

豊浜小学校に掲示されていた「おもいやり算」

 

カテゴリー: 教育長のつぶやき | No 1922  人を笑顔にしよう! 「おもいやり算」 はコメントを受け付けていません。

No 1921  学校訪問(豊浜小学校)

6月15日(金)、豊浜小学校を訪問しました。

豊浜小学校では、昨年度に校内現職教育における研究主題を「できた・分かったを実感できる子どもの育成 ~基礎・基本の確実な定着を図る従業展開の工夫を通して~」に変更され、分かりやすい授業に取り組まれています。

本日の研究協議会においても、活発に意見を出し合い、教員の授業力の向上に努めてみえました。

豊浜小学校の学校訪問では、2時限と3時限の公開授業を保護者の皆様方の授業参観もできるようにしています。

雨天のためか、例年より参観者が少ないように感じましたが、今月末にも保護者の皆様も参加して子どもと触れ合うことのできる行事が計画されており、子どもたちの学習している姿を見る機会はあると思います。

子どもたちの成長を感じることができた学校訪問でした。豊浜小学校の皆様、お疲れ様でした。ありがとうございました。

公開授業 1年 国語科

公開授業 3年 社会科 南知多町の社会科副読本を使っていただきました。

「みなみちた」 みんな なかよく みとめあい ちからいっぱい たのしいクラス 

公開授業 4年 特別活動(学級活動) 「友達のよさを見つけよう」

公開授業 5年 特別活動(学級活動) 「米をしっかり食べよう」

公開授業 6年 道徳科

特設授業 2年 国語科

同上

研究協議会

 

カテゴリー: 教育長のつぶやき | No 1921  学校訪問(豊浜小学校) はコメントを受け付けていません。

No 1920 「民法改正」2022年4月1日から成人年齢が「18歳」になります。

6月13日(水)に参院本会議において、成人年齢を現行の20歳から18歳に引き下げる改正民法が可決されました。

2022年4月1日から成人年齢が「18歳」になるとともに、年齢要件の見直しが必要な22の法律の改正も行われます。

改正の目的について、法務大臣は「少子高齢化が急速に進むなか、若年者の社会参加を促し、その自覚を高める。」とマスコミに話されていました。

確かに今の18歳の方達は、私の18歳の頃よりはるかに大人らしいと思いますし、これからの社会を担っていく若者に大きな期待が寄せられていると思います。

ただし、人の成長には個人差もありますし、18歳から親の同意なしでローン契約を結んだり、クレジットカードを作ることもできるようになるため、消費者トラブルを心配する声が大きいのも事実です。

教育委員会関連では、成人式をどう取り行うかということが課題になってきます。

今、私が一人で考えていることは、「2022年4月には18歳の方も19歳の方も成人になるということであるなら、2023年1月9日の成人の日前後に18歳から20歳の方をまとめた成人式を行うべきなのか? 3回に分けるべきなのか? 20歳の方はお酒を飲めるが、19歳・18歳の子は飲めないということで混乱するのではないか? 18歳の方の多くは大学受験を控えており、1月の成人式は負担にならないか? 式を行なったとして、多くの成人者が参加してくれるのか? 参加が少ないとお祝いにならないのではないか?」などなどです。

答えは出ません。いろいろなご意見や、他の自治体の対応を参考に検討していくことになると思います。新成人のことを最優先した対応が求められると考えます。

今回の改正で押さえておきたいところを記述します。

◎民法改正により変わること。

・女性が結婚できる年齢が16歳から18歳に引き上げられます。(この改正により、男女ともに18歳で結婚することができることになります。)

◎変わらないこと

・飲酒や喫煙は、今までどおり20歳未満は禁止のままです。

・公営ギャンブル(競馬、競輪、競艇、オートレース)も今までどおり20歳未満は禁止のままです。

・少年法保護の対象となることも、現在の20歳未満のままで変わりません。(少年法は今回の改正の対象になっていないためです。)

 

カテゴリー: 教育長のつぶやき | No 1920 「民法改正」2022年4月1日から成人年齢が「18歳」になります。 はコメントを受け付けていません。

No 1919  きずなの会 平成30年度第3回「防犯・交通安全部会」

6月13日(水)の夜、山海公民館において、「内海・山海まちづくり協議会 きずなの会 平成30年度第3回防犯・交通安全部会」が開催されました。

新年度当初の夜間は、いろいろな団体の総会や懇親会等が多く、防犯・交通安全部会への出席については、皆勤賞を狙うどころか、半勤賞が精一杯というところです。

ただし、防犯パトロールは10日に一度のペースなので、何とか1月に1回くらいは参加しようと気合を入れています。

本日の会議では、半田警察署・町・きずなの会防犯交通安全部会の合同パトロール、暴力団追放パレード、内海海岸津波避難訓練及び夏季特別「青色防犯パトロール」などの計画が説明され、参加者の確認をしました。

夏場を迎え、多くの方が内海山海にお越しくださると思います。住民だけでなく観光客など、この地を訪れる方にとっても安全なまちであるよう取り組んでいきたいと思います。

防犯・交通安全部会の皆様、お疲れ様でした。頑張りましょう。

「はんだ防犯定期便」からも情報をいただき、防犯対策を検討しています。

カテゴリー: 教育長のつぶやき | No 1919  きずなの会 平成30年度第3回「防犯・交通安全部会」 はコメントを受け付けていません。

No 1918  平成30年 第2回 南知多町議会定例会(二日目)

6月13日(水)、平成30年第2回南知多町議会定例会(二日目)が開催されました。

この日は、6名の議員さんからの一般質問に対して、町執行部側が答弁しました。

教育委員会所管事項への質問は1件(学校の統合について)でした。

議員さんの質問にどう答弁したのか、ケーブルテレビ(CCNC)をご覧いただくことをお勧めしたく、次のとおり、放送予定をお知らせいたします。

◎ケーブルテレビ(CCNC)での放映予定

1 平成30年6月18日(月) 午後10時~ 地デジタル12ch(121ch)

2 平成30年6月24日(日) 午前10時~ 地デジタル12ch(121ch)

ただし、放送予定は変更となる場合もございますので、ご了承ください。

カテゴリー: 教育長のつぶやき | No 1918  平成30年 第2回 南知多町議会定例会(二日目) はコメントを受け付けていません。

No 1917  「スマホより 携帯しよう 水筒を」 健康のため水を飲もう推進運動

ずいぶん暑くなってきました。皆様は、「健康のため水を飲もう」推進運動をご存知でしょうか。

「健康のため水を飲もう」推進委員会様が取り組まれている運動であり、厚生労働省様や文部科学省様も応援されています。

水分の接種不足による障害が発生しやすい季節を迎え、熱中症の防止のためにも、こまめな水分補給を呼び掛けるものです。

体の中の水分が不足すると、熱中症、脳梗塞(のうこうそく)、心筋梗塞(しんきんこうそく)など、さまざまな健康障害のリスク要因となります。実は私も自分自身の体験の中で、思い当たる節があるのです。

皆様、健康のために水分補給に心がけましょう

なお、平成30年度のポスターを見ましたが、なるほどと思う「標語」が書かれていましたので、紹介させていただきます。

「健康なカラダは水からだ!」  ※大森の感想:ギャグを交えています。上手いですね

 

「スマホより 携帯しよう 水筒を」 ※大森の感想:そのとおりですね。健康に大切なのはどちらでしょうか。おわかりですね。」

カテゴリー: 教育長のつぶやき | No 1917  「スマホより 携帯しよう 水筒を」 健康のため水を飲もう推進運動 はコメントを受け付けていません。