No 43 地獄八景だぎゃ

7月6日に大井の宝乗院で、NPOたけとよ設立10周年記念・南知多町アウトリーチ公演がありました。演ずるのは、名古屋の舞台人による創作ユニット「ひと組」さんです。劇のタイトルは、「地獄八景だぎゃ」でした。ちなみに、読み方は、「じごくはっけい」ではなく、「じごくばっけい」と読まれていました。この「地獄八景だぎゃ」という劇は、東海ラジオにてラジオドラマとなり、日本民間放送連盟優秀賞を受賞された作品でもあります。

「抱腹絶倒、失禁御免」の前評判のとおりであり、久々に大笑いしました。お寺の納骨堂でこんなに笑っていいのかとも思いましたが、こらえきれない面白さで、会場内の全員が笑っていました。面白いもので、他の人が笑っているのを見て、もっと笑えてくるという「笑いの連鎖」にはまったようにも感じられました。汗だくの熱演で、ラジオでは味わえない劇の醍醐味を味わうことができましたし、お客さんを楽しませることに徹するプロの凄さも感じました。心の栄養をいただきました。関係者の皆さんに感謝感激です。

汗だくの大熱演

汗だくの大熱演

大喜びのお客さんたち
大喜びのお客さんたち

公演後のお礼をする「ひと組」さんたち

公演後のお礼をする「ひと組」さんたち

 

カテゴリー: 教育長のつぶやき パーマリンク