No 60 中学校体育大会5日目

  7月24日(水)の午前中に中学校体育大会5日目の様子を観てきました。知多市立八幡中学校での相撲で、豊浜中、篠島中、日間賀中が出場した試合です。相撲の土俵は屋外にあり、土俵の上には屋根がありますが、大雨のため、見学者は傘をさしての見学・応援となりました。

  この大会では、1チーム3名の選手が戦います。まず、団体予選リーグですが、4組あり、豊浜中がA組1位、日間賀中もD組1位となり、団体決勝トーナメントに出場しました。篠島中は惜しくも予選で敗れてしまいました。決勝トーナメントでは、日間賀中が準々決勝で大府北中に敗れ、豊浜中は、準々決勝で常滑中に勝ったものの、準決勝で横須賀中に敗れてしまいました。それでも見事なベスト4です。

  豊浜中の男子は1年生から3年生まで合わせても65人しかいません。篠島中学校は23人、日間賀中学校は25人です。豊浜中と対戦した横須賀中は470人もいます。その中から選手3名と補欠2名が選ばれてきます。人数が少なく圧倒的に不利な状況ですが、南知多から出場した選手たちは、全員が果敢に戦いました。気力みなぎる試合をしてくれました。また、豊浜中の子ども達は、地域の相撲指導者の教えのおかげもあり、本来の相撲らしい取り口を見せてくれました。立ち会いから一気に押し出していく相撲などを観戦していた方々からは、「あれが本当の相撲だよね。」と感心している声も聞かれました。 

  今日で中学校体育大会は終了しました。多くの会場で、保護者、先生、そして地域の指導者の皆さんの応援がありました。大会に出場した南知多の生徒達は、皆さん方の陰の支え、そのありがたさを十分に感じているはずですし、これらの経験は次への大きなステップになるでしょう。2学期に一回り成長した生徒の姿を見るのが楽しみです。

相撲会場の様子

相撲会場の様子

出番を待つ選手達

出番を待つ選手達

がっぷり4つ

がっぷり4つ

カテゴリー: 教育長のつぶやき パーマリンク