No 63 夏季特別「青パト隊」

7月27日(土)夜、「内海・山海まちづくり協議会 きずなの会 防犯・交通安全部会」と「内海観光協会」が協働で実施している夏季特別「青パト隊」に参加してきました。内海海岸や街中をパトロールし、犯罪を抑止するための防犯活動です。

「南知多町教育ネットワーク 学校教育課」のブログにも載せていますが、8月1日から10日まで、「夏の安全なまちづくり県民運動」が実施されます。県民運動より一足早いのですが、パトロールなら自分にもできるのではないかと思って参加しました。青色パトロールカーに2人、徒歩によるパトロールが4人です。私は徒歩隊で、内海新港から小桝公園までの海岸や国道を1時間15分かけて往復しました。

「こんばんは。安全のために巡回パトロールをしています。」と声をかけながら回りました。ほとんどの方が「こんばんは。」と返事をしてくれます。驚くほど外国人の方が多いのですが、「こんばんは。」と返してくれます。子どもたちもいましたが、「ご苦労さまです。」という言葉までいただきました。風貌では悪っぽく見える若者も「こんばんは。」と返してくれます。見た目で判断してはいけないということです。

巡回が終了し解散した後で、青くなってしまいました。持っていたバインダーがないのです。さあ大変、どこかで落としてしまったのです。バインダーには今日の巡回予定者の名簿(名前)と明日の鯛まつりの巡行予定表が入っています。巡回での心地よい汗が、冷や汗に変わりました。仕方なく、先ほど巡回してきたルートを逆に歩いてさがすことにしました。歩き出して、間もなく思い出しました。巡回の途中に、誰かが落としたビーチボールがころがってきたため、ボールが海に行かないよう砂を集めてボール止めを作ろうとしたことを思い出しました。ピンク色のボールでおそらく女の子のものでしょう。ボール止めを作った時、砂浜にバインダーを置き忘れてしまったのです。あやうく私のバインダーもゴミになるところでした。個人情報が含まれていたら大変なことになってしまいます。誰かの落とし物をなんとかしようとして、自分が置き忘れをしたという皮肉さと、忘れやすくなった、すなわち老いを自覚させられた活動になりました。(反省)

夏季特別「青パト隊」のメンバーです。(情けないほど下手な撮影です。今日は反省ばかりです。)

夏季特別「青パト隊」のメンバーです。(情けないほど下手な撮影です。今日は反省ばかりです。)

次回の活動ですが、7月30日(火)午後5時から、きずなの会防犯・交通安全部会・南知多町・半田警察署合同パトロールが実施されますので、参加を予定しています。内海と山海だけですが、警察のパトカー、役場ときずなの会防犯・交通安全部会の青パトなど数台で巡回パトロールします。コンビニ等へも立ち入る予定をしています。2回目の合同パトロールになりますが、前回は、比較的事件の少ない穏やかな地域ですので、警察のパトカーなどが数台コンビニに停車すると、「何か事件ではないか。」と誤解され、通行人が立ち止まったり、見に来ることもありました。私はそれらの方へ「パトロールです。安心してください」という広報役を務めようと思っています。

 

カテゴリー: 教育長のつぶやき パーマリンク