No 523 防災訓練(内海地区)その1 一次避難所へ

9月29日(日)午前、町防災訓練(内海地区)が行われました。

まず、防災行政無線から訓練内容が流れ、住民総ぐるみで、各地区一次避難所へ避難しました。私は、地元区の役員をしていますので、少し早めに避難場所に出向き、参集者から、氏名や避難に要した時間などの聞き取りをしました。

60名以上もの区民の方が参加してくれました。それは、地震や津波への危機感が強いことの現れであると思います。

南知多町は、南海トラフ地震津波避難対策特別強化地域に指定されています。愛知県内では、豊橋市、田原市と南知多町のみであり、それだけ危険ということです。

大規模な地震・津波が発生したら、まず、自分の命は自分で守る行動をとらなければなりません、真っ先に避難すべきです。迅速に避難できたのか?避難に要した時間はいかほどか?避難所の収容能力は万全か?避難所の安全性はどうか?避難所への経路に係る課題など、今後洗い出し、一つずつでも詰めていかなければなりません。

写真は、6月の避難訓練の写真です。カメラは持っていたのですが、皆さんから避難に要した時間などの聞き取りをしていて、撮影することをわすれていました。

写真は、6月の避難訓練の写真です。カメラは持っていたのですが、皆さんから避難に要した時間などの聞き取りをしていて、撮影することを忘れていました。

カテゴリー: 教育長のつぶやき パーマリンク