No 1354  「梅原邸」の特別公開が始まりました。

南知多町の名誉町民である哲学者「梅原猛」先生が青少年期を過ごされた家「梅原邸」の特別公開が始まりました。10月29日(土)から11月6日(日)までの期間限定の公開です。

梅原邸は、醸造業を営んだ梅原半兵衛(梅原猛先生の養父)の家で、明治時代初期頃に建築されました。

梅原猛先生は、8代目半兵衛の弟半二の長男で、宮城県でお生まれになられましたが、幼少の時、半兵衛の養子となり、青少年期までこの家で過ごされました。

また、梅原邸は、平成元年に梅原猛先生から南知多町に寄贈され、平成2~3年度に改修工事が行われました。木造平屋建で、母屋1棟、離れ座敷1棟、土蔵2棟などがあります。

今回の公開では、梅原猛先生ゆかりの品々の他、山﨑修様の「きり絵」やデザイナー酒井一様の「書」など素晴らしい作品も展示されています。

さらに、特別公開期間中には、山﨑修様による制作が完了したばかりの切り絵「千石船」が、内田家ではなく、梅原邸に飾られています。

来訪される方には、「南知多梅原猛友の会」の役員様が丁寧に対応していただいています。

梅原先生の偉大さと魅力を知ることができるチャンスだと思います。ぜひ、皆様もお訪ねくださるようお願いいたします。

◎梅原邸の特別公開について

①期間 平成28年10月29日(土)から11月6日(日) 午前9時から午後4時まで(入館は午後3時30分までにお願いします。)

②場所 南知多町大字内海字馬場22・23合併地(名鉄内海駅下車徒歩3分です。 内海駅の西側に位置し、北側に約30台の駐車スペースがあります。)

③入場料  無料です

④その他参考

文化の日(祝日)である11月3日(木)には、午前10時から午後1時にかけて、「遊美会」様による「お茶会」があります。なお、呈茶券は300円です。

⑤お問い合わせ先 南知多町総合体育館内「南知多町文化遺産保存活用実行委員会」電話番号:0569-65-2880

梅原邸

梅原邸

梅原先生が練習された「書方練習帳」などです。

梅原先生が使用された「書方練習帳」などです。

梅原先生の玩具等です。

梅原先生の玩具等です。

平成4年度から平成27年度まで、中日新聞に連載された「思うままに」を2冊にまとめた復刻版です。

平成4年度から平成27年度まで、中日新聞に連載された梅原先生の随筆「思うままに」を2冊にまとめた復刻版です。

 

 

カテゴリー: 教育長のつぶやき パーマリンク