No 1734  なにもの? 「米ナス(ベイナス)」です。

家に帰ったところ、今まで見たことのないほど大きなナスが置いてありました。

何だろう? ナスだと思うのですが、大きさが半端ではありません。

「そんなことも知らないの? べいなすよ。 いただいたの。」と妻の声。

正式な名称は「米茄子(ベイナス)」でした。アメリカ産のナス(ブラックビューティーという品種らしい)を日本で改良したもので、大きく、丸みを帯びているのが特徴です。

それにしても大きい。ふつうのナスの7~8本分くらいありそうです。インターネットで検索したところ、ベイナスは300グラムくらいとのことでした。しかし、実際に重さを量ってみたところ、なんと860グラムもありました。

ベイナスの中でも相当大きい方であり、いただいたベイナスの中でもひときわ大きなサイズでした。

どんな形で食卓に出てくるのか楽しみです。自分で作るなら、茄子ステーキが簡単そうですが。

いただいたベイナスです。お椀と蛍光ペンとの大きさと長さを比較してみてください。

重さは860グラムでした。バナナより長いのです。

カテゴリー: 教育長のつぶやき パーマリンク