No 1737 週末は雨ばかり

10月28日(土)開催予定であった「篠島地区町民体育祭」が雨で中止になりました。

このところ、週末は雨が続いているような気がします。その中で、かろうじて屋外でも開催できたスポーツ行事は、8日の内海地区町民体育祭と、14日の小学校の体育大会くらいではなかったかと思います。

体育祭の中止は、篠島地区の皆様にとっては、単なるスポーツ行事ではなく、老いも若きも一堂に集い絆を深める体育祭であるため、非常に残念であったと思います。

台風も接近しており、島民の皆様は海上交通も心配でしょう。

大しけとなり、カーフェリーの運航が止まれば、学校給食を届けることができなくなります。

上手く表現できないのですが、日射しや雨や風は誰にでも等しくあたるのに、島民の方だけ(むろん海に関わる営みをしている方も同じですが)は、波の影響を被るということであり、島の方のご苦労を察します。

スポーツの秋ですが、これだけ雨が多いと困ります。

天気予報を見ますと、11月3日(金・文化の日)の降水確率は40%であり、第7回南知多町ウォーキング大会を計画していますので、開催が危ぶまれます。

実は11月3日には役場職員によるボランティア草刈りも予定されているのです、私はウォーキング大会に出ないといけません。ボランティア草刈りに参加できないため、本日、合羽を着て約2時間、一人だけで草を刈ってきました。

それからしばらくして、「明日予定している地元区の草刈りは延期する。」との連絡が入りました。急こう配とか、滑ると危険なところは雨天時の草刈りは避けるべきです。地元の草刈りは、津波一時避難場所と避難経路を中心とした草刈りですので、延期が正解でしょう。

ただ、個人的にはやりたかった。他にもまだ草刈りが必要な所が残っているのです。すべてが後回しになってしまいます。土日が休みのサラリーマンにとって、週末の雨には泣かされます。

カテゴリー: 教育長のつぶやき パーマリンク