No 1826  内海中学校 卒業お祝い給食

2月28日(水)、石黒和彦町長と一緒に内海中学校を訪問し、卒業を控えた3年生の皆さんと「卒業お祝い給食」をいただいてきました。

中学校の卒業式は3月6日であり、少し早いのですが「卒業おめでとうございます」ということで、ミニバイキング方式の特別メニューを提供したものです。

知多牛のミニステーキも出されていて、生徒も先生も、ニコニコ顔でおいしそうに食べていました。

学校給食センターの職員さん、調理員さん、給食を配送していただいている皆さん、給食配膳員さんなど多くの皆様への感謝も込めていただきました。

今週の私のスケジュールは、朝・昼・晩のほとんどが会議(地元の会議もあります。)、懇親会等で塞がっており、夜の9時過ぎにならないと仕事ができないような状況になっています。

そのような中にもかかわらず、会議の関係者にご無理を申し上げ、お昼の2時間だけ会議を中断していただき、子どもたちと一緒に給食を食べることにさせていただいたものです。

お祝い給食の途中には、男子生徒のみなさんによるサプライズの出し物もあり、楽しませていただきました。

私たちがおじゃましたため、給食の時間が長引き、授業への影響を心配しながら帰庁しました。内海中3年生の皆さん、楽しいひとときを過ごさせていただき、ありがとうございました。

なお、特別メニューの献立は、わかめご飯、牛乳、ココアのもと、汁物、きな粉揚げパン、知多牛のミニステーキ、野菜チップス、野菜サラダ、プリンでした。

卒業お祝い給食。献立は、わかめご飯、牛乳、ココアのもと、汁物、きな粉揚げパン、知多牛のミニステーキ、野菜チップス、野菜サラダ、プリンでした。

おいしくいただきました。

 

 

 

カテゴリー: 教育長のつぶやき パーマリンク