No 2151  おめでとう! 「中日書きぞめ展」で愛知県知事賞と愛知県教育委員会賞。

3月20日(水)夕方、第69回中日書きぞめ展において、上位入賞された2名の子どもたちが、表敬訪問してくれました。

お二人は、東海3県(愛知県、岐阜県、三重県)15343点の応募の中から、愛知県知事賞に輝いた師崎中学校3年「伊藤有澄(いとう あすみ)」さんと、愛知県教育委員会賞に輝いた大井小学校6年「山下練(やました れん)」さんです。

伊藤さんの作品は「飛龍乗雲」であり、2か月くらい練習されたそうです。伊藤さんは昨年7月の第54回中部日本書道会半田支部学童書道展においても愛知県知事賞に輝いており、同一年度の2つの展覧会で愛知県知事賞を2回も獲得したことになります。快挙中の快挙ではないでしょうか。

山下さんの作品は「新春富士」であり、基本に忠実であり、ていねいでバランスも良く、とても美しい作品だと感心させられました。「『春』の字が上手く書けなくて、何回も練習した。」と苦労したことも話してくれました。

私は話をするのが好き(挨拶は苦手)ですし、お二人の上位入賞が嬉しく、また、石黒町長も習字にはうるさい方なので、たたみかける様に話をしてくるおじさん二人に驚かれたのではないでしょうか。

記念撮影では、撮影者の言葉がよほど面白かったのか、笑いをこらえるのが大変でした。

ニコニコの表敬訪問、ありがとうございました。

記念撮影です。写真右は愛知県知事賞を受賞した師崎中3年「伊藤有澄」さん、中央は石黒和彦町長、左は愛知県教育委員会賞を受賞した大井小6年「山下練」さんです。おめでとうございました。

 

カテゴリー: 教育長のつぶやき パーマリンク