磯の観察会

5月16日(水)

薄曇りの絶好の天候の中、大井聖崎公園前海岸にて、全校で「磯の観察会」を行いました。今年度も、南知多町の動植物(特に海の生き物)の研究をされており、磯の生き物に詳しい方と名古屋港水族館の方を講師にお招きして行いました。

子どもたちは、磯の生き物探しに夢中になり、たくさんの生き物を見つけていました。珍しい生き物も見つけることができたようです。

そして、自分たちでつかまえた磯の生き物について、講師の先生方に詳しく教えていただきました。その様子は真剣そのものでした。子どもたちが積極的に上手に磯の生き物を採集する姿や、捕まえた生き物の名前を正確にたくさん言えることに、講師の方は驚いて感心していました。何年もこの活動を継続してきた成果だと思います。

今年度も観察会に加えて、町産業振興課事業の『稚魚放流』も行いました。全校児童が『メバル』の稚魚を海に放流し、元気に育って大きくなって戻ってくることを祈りました。

観察会が終わってからのお弁当は、格別においしかったようです。

この磯の観察会を通して、大井は海の生き物の宝庫になっていることに感動し、このすばらしい大井の海を守り伝えていくことの大切さを痛感しました。

ご参加いただきました、地域の皆様、保護者の皆様に感謝申し上げます。

ありがとうございました。