後期生徒会役員選挙質疑応答

9月20日(水)*「空前絶後」の潮祭 カウントダウン32日

マニュフェストへの質問は・・・(3A)

選挙立候補者掲示板

今日は、授業後に、後期生徒会役員立候補者のマニュフェストに対する質疑応答が、各学年教室を巡る形で行われました。どんな質問があるのか、緊張しながら、でも思いのある返答が各候補から聞かれ、どの候補にも温かい拍手が送られていました。

*明日は、生徒会選挙です。有権者として、期待と思いを込めた一票を期待しています。

 

カテゴリー: 未分類, 生徒会 | 後期生徒会役員選挙質疑応答 はコメントを受け付けていません。

学校・校長だより「あけゆく空」10月号発行

9月19日(火)

今年はどんな潮祭に?

あけゆく空」を20日付けで発行します。当ホームページでは一足早くカラー版データをアップしました。行事予定を見ると、「中間テスト」「町民体育祭」「潮祭」を一年で一番行事がつまった月だと実感できます。夏休み後半から9月にかけての、各活動紹介と合わせてご覧ください。

「あけゆく空」10月号はカラー版こちら・・・H29 (10月行事・記事)

*紙媒体では明日配付します。

 

カテゴリー: 未分類 | 学校・校長だより「あけゆく空」10月号発行 はコメントを受け付けていません。

内海保育所・小学校・中学校合同避難訓練実施~まず、子どもが逃げる~

9月19日(火)*「空前絶後」の潮祭 カウントダウン33日

一次避難完了、次は・・・

高台避難を見守る3年生

今日は、きずなの会・小学校PTAのご協力を仰ぎ、内海保育所・小学校・中学校の全児童・生徒による津波高台避難訓練を実施しました。昨年度は、雨天で実施できず2年ぶりとなりましたが、子どもたちは、暑さがぶり返す中でがんばり、ほぼ予定通りスムーズに進めることができました。

中学生は、2年生男子と3年生男女が、保育所の「あか」「もも」「ひよこ」の各組の児童の避難を補助し、「命を守る」側の練習も行いました。

「怖くないよ」手を引いて登る

「想定外をつくらず」「子どもが率先して逃げること」が、津波を伴う地震災害(東日本大震災)の教訓です。保・小・中・地域の連携を深めながら、子どもたちの一つしかない命を守っていきたいと思います。

<CCNC(ケーブルテレビ)放映時間>

ニュースCCNC

9月25日(月)18:30~、

21:00~、23:00

9月26日(火)5:30~、

7:00~、12:00~

ニュースCCNC総集編

10月1日(日)6:00~、

10:00~、18:00~、

22:00~

カテゴリー: お知らせ, 地域行事, 学校行事, 未分類 | 内海保育所・小学校・中学校合同避難訓練実施~まず、子どもが逃げる~ はコメントを受け付けていません。

部活動でも輝く23~胸を借りて強くなる2 野球部の挑戦~

9月18日(月)*敬老の日

会場校 知多中学校に感謝

エースへの階段を”昇る”

台風一過の今日は、野球部が、知多市立知多中学校を会場に対外試合(通称ゼット杯)に臨み、町内の篠島中学校と対戦しました。結果は、0:10(3回コールド)で、練習の成果が試合結果には結びつきませんでしたが、試合ならではの緊張感と、速球投手への対応、大量失点を防ぐための様々な状況での守備連携の面で、貴重な経験となりました。

部員数がぎりぎりで、試合を想定した練習ができない条件は、篠島中学校も同じです。町内のよい目標があるので、篠島中学校と対戦できる次回の公式戦(黒潮リーグ)が、よい力試しとなります。

緊張の中で「考える野球」を

試合結果は、相対的なものです。まず自分との勝負で勝つ(昨日の自分より成長している)こと。試合のマナー(守備位置まで全力ダッシュ・試合後の整地等)では、互角以上でした。真摯な取り組みを続けていれば、野球の神様は必ず微笑んでくれます。

まぶしい背番号

カテゴリー: 未分類, 部活動 | 部活動でも輝く23~胸を借りて強くなる2 野球部の挑戦~ はコメントを受け付けていません。

地域でも輝く!~うつみサンド&サニー中学生実行委員打合せ~

9月16日(土)

代表樋口さん(窓側中央)と中学生実行委員

今日午後2時から、内海サービスセンター第3会議室で、うつみサンド&サニーフェスタの代表樋口さんと中学生実行委員11名の打合せ会が開かれました。

第1回を今月24日(日)に控え、中学生の役割分担(アナウンス、イベント、本部、駐車場)を確認しました。「イベント運営の参加を通して、中学生時代のいい思い出とまちづくりに参画するいい経験にしてほしい。」という代表樋口さんの言葉を胸に、新しい挑戦の舞台が整いつつあります。

イベントスタッフとしていい思い出を…

*昨日、学校で第1回のパンフレットを配付しました。趣向を凝らしたステージ発表やB級グルメやグッズ販売のブースが12設置される予定です。都合のつく方は、ぜひ足をお運びください。

<9月24日(日)の日程>

9:00 開会式

9:10~14:45 各ステージ発表

14:55 閉会式(15:00終了)

カテゴリー: お知らせ, 地域行事, 未分類 | 地域でも輝く!~うつみサンド&サニー中学生実行委員打合せ~ はコメントを受け付けていません。

部活動でも輝く22~サッカー部 雨中の激戦~

9月16日(土)

荒れたピッチでも「つなぐ」

ボールに集中し、数で上回る

サッカー部は、知多市立中部中学校を会場に、U-14リーグ戦で中部中学校と対戦しました。チームカラーであるパスをつなぐ戦術には、ぬかるんだピッチは大きなハンディとなりましたが、必死のプレーで中盤を制し、ボールのキープ率やシュート数では、前回の名和中戦同様に相手を上回り、選手の1つ1つのプレーに試合の目標が見られる内容でした。

結果は、前半0:2、後半2:2で、失点はすべて、相手フォワードのスピードを生かしたカウンター攻撃によるものでした。

体格の差を、ボールへの集散でカバーし、的確なポジショニングでパスをつなぎ得点につなげるプレーは着実に向上しています。

試合で勝つためには、相手フォワードのスピードを生かした攻撃をいかに防ぐかが課題です。こちらも、明確なだけに、これからの戦いぶりが楽しみです。

 

見守ることが選手の力に・・・

次の試合に向けて

 

カテゴリー: 未分類, 部活動 | 部活動でも輝く22~サッカー部 雨中の激戦~ はコメントを受け付けていません。

台風号の接近に警戒

9月16日(土)*「空前絶後」の潮祭 カウントダウン36日

雨中の試合へ出発(サッカー部)

敬老の日」を含めて3連休となりますが、明日は台風18号の接近が気がかりです。

今日は、サッカー部がU-14リーグ戦で、知多市立中部中学校へ出発しました。野球部の対外試合は中止、バスケ部は通常練習、卓球部は日間賀中学校を本校に招いて練習試合を予定しています。

17日(日)朝9時の天気予想図

*明日は、暴風への警戒が必要な天候となりそうですので、ご家庭でもしっかり備えをしてください。

カテゴリー: お知らせ, 未分類, 部活動 | 台風号の接近に警戒 はコメントを受け付けていません。

家推会ふれあいハイキング実行委員会開催

9月15日(金)*「空前絶後」の潮祭 カウントダウン37日

松岡教頭先生が進行

家推会平野会長のあいさつ

今夜7時より、本校礼法室で「家推会ふれあいハイキング」実行委員会が開かれました。子供と大人、地域とのふれあいを目的に、長年続けられてきたこの企画ですが、30回目を迎えるのを機に、通常のハイキングから、ウォークラリー形式に変更を予定しています。29名の中学生実行委員と家推会、未来デザインのみなさんが協力して、「ふれあい」の目的を達成できる行事となるよう準備していきます。実行委員長に3年生の清水さん、副委員長に2年生の山戸さんが承認され、全メンバーの担当も決まりました。

各生徒に委嘱状を配付

9月27日に第2回の実行委員会を行い、10月には、地域のみなさんにも回覧板などで、ご案内する予定です。潮祭準備と並行しての取組となりますが、地域協働のイベント運営を通して、地域社会に働きかける経験となることを願っています。

カテゴリー: 家推会, 未分類 | 家推会ふれあいハイキング実行委員会開催 はコメントを受け付けていません。

合唱練習本格化~心に灯をともす合唱~

9月14日 *「空前絶後」の潮祭 カウントダウン38日

パート練習(テノール)

パート練習2(ソプラノ)

木曜日と金曜日は、音楽専科の伊藤先生が各学年で授業を行います。今日は、1年生が、課題曲「地球の詩」と自由曲「君と歩こう」を、それぞれパート練習とはじめて指揮者つきの通し練習をしました。

夏休み中に声変わりがはじまり思うように声が出なくて、1年生のこの時期の合唱は悩みがつきものです。しかし、合唱のよさは、集団が一体となって表現することで、聴く人の心に灯をともすような感動を与えられることです。学年の絆を深める意味でも、よい機会となっています。

パート練習3(アルト)

先輩へのチャレンジャー(挑戦者)である1年生が、先輩の「お尻に火を付ける」存在にもなってほしいと願っています。

最後に合わせて・・・

カテゴリー: お知らせ, 未分類, 1年 | 合唱練習本格化~心に灯をともす合唱~ はコメントを受け付けていません。

先生と生徒の対話

9月13日(水)*「空前絶後」の潮祭 カウントダウン39日

Do you know how to study?(3Aと滝本先生)

「先生が中学1年の頃は・・・」(1Bと白水先生)

「対話的な学び」というと、ペアやグループなど生徒同士の学習形態をイメージしますが、少人数学級では、「先生との対話」場面も効果的な学習形態の一つです。これがあまり過ぎると、スクランブル交差点のような状態になり、交通整理(発言の整理)がつきません。DJポリスのように機転の効いた声かけ(問いかけ)が、指導者にも求められます。日頃から、先生たちも試行錯誤しながら、各学級の実態に応じた指導法を探っています。

和親的な関係の中で、「いい授業を、先生と生徒で創り上げる」この気持ちで双方がかみ合ったとき、「楽しい学校」がより前に進んでいきます。

対話を楽しむ(^_^)

カテゴリー: 未分類, 1年, 3年 | 先生と生徒の対話 はコメントを受け付けていません。