郷土を知ろう

22日(月)6時間目に,「郷土を語る会」を開催しました。郷土の自然や歴史・文化,産業等について地元の方から学ぶ機会として毎年実施し,今年で27回目を数えます。
今年は,師崎まちづくり協議会会長の山本嘉秀 様と,事務局長 川端喜好 様を講師にお招きし,「蓬莱の風が吹く但馬荘師崎村の歴史と文化」と題し,ご講演をいただきました。山本様からは,師崎という地名の由来や羽豆神社の歴史をはじめ,この地域に残る貴重な史跡や文化財,かつてこの地域を治めた千賀氏の足跡や捕鯨との関わりなど,多岐にわたる内容をスライドを使って分かりやすく丁寧に説明していただきました。

また,川端様からは,師崎に伝わる5台の山車について,作成時期や造形的な特徴のほか,その歴史的・文化的な価値が認められ,国の補助金を受けて大規模な修復作業が行われたことや,その結果,建造当初の姿がよみがえったことなどを話していただきました。

50分ほどの講演でしたが,生徒たちは真剣に話に聞き入り,事後の感想には「今まで素通りしていた所にも,こんなに凄い歴史や価値があるということが分かった」「自分のふるさとが消えてしまうの悲しいから,お祭りに積極的に参加したり,師崎を盛り上げていく人になりたい」など,自分たちの郷土に誇りをもち,大切にしていこうとする気持ちが綴られていました。

なお,この日,元校長の森田博文先生がおみえになり,大阪府在住の柏尾翔さんとおっしゃるウミウシの専門家が聖崎や長谷の磯で採取されたウミウシの写真を届けてくださいました。中学校のすぐ隣にある磯では,本当にめずらしいウミウシがみつかるそうです。さっそく校内に掲示し,生徒たちにも郷土の貴重な自然を紹介したいと思います。

カテゴリー: 未分類 | 郷土を知ろう はコメントを受け付けていません。

中学最後の定期テストに全力を

本日から3年生が学年末テストを迎えました。早朝より登校し、教室で勉強をしたり、教師に質問をしたりしている必死な姿を見かけました。最後の定期テストとなります。1日目の今日は、数学、英語、音楽・美術の4教科です。いよいよラストスパート。頑張れ3年生!!

2年生は、理科の実験で「コップの表面に水滴がつくのはなぜだろう?」をテーマに暖房ガンガンに効いた中、コップに水と氷を入れて実験観察をしていました。中学生なので、原理もよく分かっている内容であるため、楽しくも安心して実験をしていました。

カテゴリー: 活動の様子, 2A, 3A | 中学最後の定期テストに全力を はコメントを受け付けていません。

多くの頑張りを表彰、韓国から体験入学~朝会

3学期初めての朝会を行いました。昨日の全知多バレーボール大会も含め、多くの表彰伝達を行いました。1年生二人が出場した個人重奏コンテスト(二人とも銅賞でした)、2枚目のボランティアカードを達成した3年生女子の模範賞、先日行った百人一首大会の個人賞表彰など校内外で生徒たちはよく頑張っていると思います。

また、本日から2週間学校体験入学という形で、2Aに昨年に引き続き韓国から来校した「渡辺世進」くんに自己紹介を全校生徒の前で行ってもらいました。今年も日本の学校体験を授業だけでなく、部活動(バレーボール)も含めて行っていきます。よりよい体験ができればと思っています。

カテゴリー: 活動の様子, 1A, 2A, 3A | 多くの頑張りを表彰、韓国から体験入学~朝会 はコメントを受け付けていません。

校史に残る快挙 全知多準優勝!

全知多バレーボール選手権大会2日目。本校の男子バレーボール部は、いよいよ3回戦に臨みました。相手は予想通り東海市立横須賀中学校。侮れない相手です。第1セットは本校が優位に試合を進めますが、相手も食い下がり終盤までもつれた末、なんとか本校がものにします。続く第2セットは、逆に相手のペースで試合が進み、序盤で5点差をつけられますが、中盤で追いつくと、あとは本校の良いプレーが次々に決まり、6連続得点などもあって相手を圧倒。25-17の大差で勝利をおさめます。これで2セットを連取し、昨年同様、3位以内の入賞が決まりました。

4回戦=準決勝の相手は、東海市立富木島中学校。シード校である東浦中学校を倒し勝ち上がって来ました。強烈なサーブやアタックを打つ選手はいませんが、粘り強く繋いでくるチームです。第1セットは25-21でなんとか本校が取り、いよいよ第2セット。中盤で逆転を果たした本校は24-21と相手を追い詰め、応援席からは「オンリー・ワン!」の声援も飛んで、楽勝かと思えました。しかし、緊張からかミスが続き、ついにデュース持ち込まれます。その後は両校相譲らす、逆転また逆転の緊迫した試合が続きますが、最後に本校が2点を連取し、勝利をたぐり寄せることができました。集中力を切らさず、体力・気力の限界までふり絞ってチーム全員で戦いつかんだ勝利でした。これで、ついに決勝進出です。

決勝戦の相手は、半田市立青山中学校。多くの選手が部活動の他にクラブチームにも所属し、練習しています。昨年のようなパワーこそありませんが、現時点では知多郡内では圧倒的な力をもっています。対する本校は、前の試合で2人が力を使い果たし、体調不良で万全ではありません。決勝にふさわしい試合をしようと頑張りましたが、大差でストレート負けを喫しました。しかし、堂々の準優勝。生徒数91名の学校の部員数わずか15名のチームが、大きな結果を残しました。球技で本校が郡の決勝まで進んだのは、昭和63年にサッカー部が半田祭で優勝して以来,実に30年ぶりのことです。本校の歴史も残る快挙でした。

カテゴリー: 未分類 | 校史に残る快挙 全知多準優勝! はコメントを受け付けていません。

頑張れ!全知多バレーボール選手権・吹奏楽個人重奏コンテスト

13日(土)知多市体育館で,全知多バレーボール選手権大会が開催されました。
男子は1回戦、武豊中と対戦しました。190㎝の選手を擁する強敵です。第1セットは、序盤からサーブやスパイクがよく決まり、難なく本校がとりました。ところが、第2セットは、逆に相手のリズムで、6-11と、5点差まで離されてしまいます。このまま崩れるかと思いきや、ここから相手のスパイクをブロックしたり、サーブを拾って攻撃につないだりしながら中盤で追いつくと、その後は粘る相手を振り切り、ついに2セット目も本校がものにしました。全校生徒91名の小さな学校のチームが、生徒数1000人近い大規模校のチームを倒した瞬間でした。

第2試合は、郡大会で敗れた亀崎中が相手ですが、本校の勢いは止まりません。第1セットは面白いようにサーブが決まり、終始優位のまま本校がものにします。第2セットも序盤で相手にリードを許し、途中故障者も出て心配しましたが、選手たちは落ち着いていました。相手のウイークポイントをサーブで崩して連続得点を重ね、結局終わってみれば25対14の快勝でした。これで、ベスト8が確定です。しかも、運やまぐれの勝利ではなく、間違いなく実力でつかみとった2勝です。明日は、まず昨年と同じ3位入賞をかけて、横須賀中対豊浜中の勝者と戦います。今日の勢いで、さらなる高みを目指してほしいです。

一方、女子は、知多中と対戦しました。本校の女子バレー部は、現在部員数5名。このままでは大会に出場することすらできません。しかし、その窮状を知った卓球部の女子3名が、自ら助っ人を申し出てくれました。最初はサーブすら入りませんでしたが、今日のために練習を重ね、今日の日を迎えました。第1セットはリズムに乗れず、13-25で失いますが、第2セットになると本校の攻撃も決まりはじめ、中盤では15-15と競り合った展開になりました。その後相手のサーブを次々に決められ敗れてしまいますが、どんなに離されても試合を捨てず、互いに励まし合いながら必死でボールを追いかける姿は、実に頼もしく、今後の成長が大いに期待できそうです。

なお,この日,常滑市民文化会館で吹奏楽個人重奏コンテストが開催され,本校からも2名の生徒が参加しました。吹奏楽部も現在部員が1年生4名だけですが,一生懸命練習を続けています。その成果を発揮し,大きなホールで満員の聴衆を前に,トロンボーンとチューバの独奏をそれぞれ立派に発表することができました。

 

カテゴリー: 未分類 | 頑張れ!全知多バレーボール選手権・吹奏楽個人重奏コンテスト はコメントを受け付けていません。

いよいよ進路も佳境に~3年学年末テスト週間、私立推薦面接練習スタート

 昨日から3年生は、中学校最後の定期テストである学年末テストが始まりました。朝学の時間もテスト勉強に充てている生徒が多く、放課等の時間もがんばっている姿をよく見かけました。また、昨日の校長講話に引き続き、本日から教頭、校長による私立推薦入試に向けた面接練習が始まりました。本日は、教頭による1対1の面接練習でした。緊張した中で、身なり、仕草などにも気をつけ、取り組んでいました。教頭から話すスピード、志望動機の明確化、予期せぬ質問への対応など指導がありました。これから一人あたり3回程度必要に応じて本番に向けた練習を行っていきます。

カテゴリー: 活動の様子, 3A | いよいよ進路も佳境に~3年学年末テスト週間、私立推薦面接練習スタート はコメントを受け付けていません。

和の心を感じ~百人一首大会

 冬の行事恒例の百人一首大会を6時限目に行いました。外は、寒風吹きすさぶ中でしたが、武道場では、ストーブと生徒たちの熱気で余り寒さは感じず、快適な大会となりました。力量別にグループを事前に組み、ますます熱気あふれる闘いぶりでした。練習ではあまりとれなかった札をたくさんとれて喜んでいる姿や、から札を取り、お手つきとなり、とても悔しがっている姿、同時に札をおさえ、ジャンケンで盛り上がっている姿など和気あいあいとしたいい雰囲気の中での一時でした。大会結果としては、今年も2年生が昨年に引き続き、1位でした。一人平均18.3枚とれたという結果でした。個人の部では、昨年に引き続き、2年坂下翔大くんが、49枚札を取り、1位でした。坂下君のグループは、トップグループで上の句を読んだ段階でもう札を探し、取りに行っている場面をよく見かけました。異学年の生徒が交流を図り、日本の古来の文化に触れ、積み重ねの大切さを肌で感じた大会でした。

カテゴリー: 活動の様子, 1A, 2A, 3A | 和の心を感じ~百人一首大会 はコメントを受け付けていません。

蓄えた学力はどのくらい~実力テスト

 本日1限から全学年実力テストを行いました。3年生にとっては、1ヵ月後の私立入試、2ヵ月後の公立入試に向けた学習の成果を確認する第3回目のテストとなります。当然のことながら、生徒たちは5時限目まで必死に問題と向き合っていました。

 1,2年生にとっては、本年度初めての実力テストとなりました。冬休みの課題だけでなく、これまで学習してきたことを総合的に見直すテストとなります。1、2年生とも、今の自分の力を見るためのテストという意識があるのかどうかわかりませんが、45分間真剣に問題に取り組んでいました。さあ出来栄えはどうでしょうか?

カテゴリー: 活動の様子, 1A, 2A, 3A | 蓄えた学力はどのくらい~実力テスト はコメントを受け付けていません。

3学期スタート

 17日間の冬休みを終え、生徒達は朝の挨拶も元気よくでき、明るい表情で登校してきました。大掃除を終えて、始業式前の表彰では、各種コンクール入賞者の表彰をしました。多くの生徒が返事もしっかりと行い、表彰伝達を受けていました。

 

 

始業式では、校長先生より藤井聡太4段の逸話などを紹介して、「目標を定め、早めの計画を立て、実践していくことの大切さ」を話されました。話の中で生徒達には、クイズ形式で「一年の計は、・・・」と続く言葉を聞きましたが、ほとんどの生徒が答えられませんでした。さらに「一日の計は、・・・」も答えられず、紹介だけしました。「一日の計は朝にあり」です。生徒会長からも日数の少ない3学期の過ごし方について各学年にあった過ごし方を共にしていこうという話がありました。

 その後、各学年ごとに学級活動を行い、冬休みの反省、3学期に向けた話などがありました。

 

カテゴリー: 活動の様子, 1A, 2A, 3A | 3学期スタート はコメントを受け付けていません。

大井28社巡り

7日(日)大井28社巡りがありました。無病息災,五穀豊穣,大漁満足などを祈願し,大井の町を囲む山々に祀られた祠や社を巡る正月の行事です。江戸時代に始まり,一時途絶えていましたが,戦後復活し,今年で38回目を数えます。
伝統あるこの行事に,今年も多くの中学生が参加しました。豊受神社で行われた出発式では,参加者を代表して本校2年生の生徒3名が力強く宣誓をし,会場を盛り上げました。また,「先達」として3年生4名が先頭を歩き,全体の先導とペース作りの役割を担ったり,ボランティアとして参加した1年生4名がゴミ拾いをしながら歩いたりしました。「郷土に親しむ会」のメンバーと同じオレンジのスタッフジャンパーに身を包み,颯爽と歩くその姿は,未来の担い手として,頼もしいものでした。
快晴の空の下,参加した生徒たちは、美しい郷土の景色を眺め、各所でお菓子や飲み物のふるまいも受けながら、友達や地域の方々と楽しい時間を過ごすことができました。改めて、この地域のよさや人々の温かさに気付くことができたと思います。

カテゴリー: PTA・地域 | 大井28社巡り はコメントを受け付けていません。