なかよし班集会(保健給食委員会「かぜ予防クイズ」)

1月18日(木)

大放課に、保健給食委員会による、なかよし班集会「かぜ予防クイズ」を行いました。

なかよし班で、手洗いやせきエチケットなど、かぜ予防に関するクイズにチャレンジしました。

5人一組で行うジャンボじゃんけんを行い、保健チームに勝った班からクイズに答えました。6年生を中心に、なかよし班で協力してクイズに答えていました。1位は8班でしたが、どの班も一生懸命に考えて取り組んでいました。

かぜやインフルエンザがはやりやすい時期ですが、手洗いやせきエチケットに気をつけて、予防していきたいです。

学校公開日

1月17日(水)

本日の3時間目から6時間目までの4時間、学校公開を行いました。朝から雨が降り続く、あいにくの天候でしたが、多くの保護者や地域の方にお越しいただき、本当にありがとうございました。

3学期が始まり約2週間ですが、どの学級も落ち着いて授業を進めてきています。その様子を見ていただけたと思います。子どもたちの発言や発表、活動、作品等から成長を感じていただけたことと思います。

また、ALTによる外国語活動や1・2年生合同体育、3・4年生合同体育等、担任以外の講師の方の授業や少人数ならではの工夫のある授業の様子も見ていただくことができたことと思います。これからも子どもたちにとって有意義な取り組みを考えていきたいと思っています。

3学期は、この1年の間に学んだことをまとめていく学期です。しっかりまとめを行い、今年度の学習内容を身につけさせたいと思っています。

ボランティアの方による読み聞かせ

1月11日(木)

3学期の第1回目のボランティアの方による読み聞かせを行いました。

ボランティアの方は、この日も絵本の登場人物になりきって、声色も工夫しながら読み聞かせを行っていました。

その効果もあって、子どもたちは、登場人物の喜び、悲しみ、怒り、つらさなどを、想像し、心を寄せながらお話の世界に入り込んでいるようでした。

ありがとうございました。今年もよろしくお願いします。

1年生「おじさんのかさ」

  

 

2年生「おたんじょうびのおくりもの」

 

3年生・4年生「あいつもともだち」

 

5年生「ゆめくい小人」

 

6年生「きんいろのうま」

 

 

なわとびタイム

1月10日(水)

1/10(水)から1/19(金)までの2週間、大放課に全校一斉に「なわとびタイム」を行っています。

子どもたちは音楽を聞きながら、楽しみつつ真剣に練習しています。そして、「なわとびがんばりカード」にできた技の回数を記録しています。賞状をめざして、連続で跳べる回数を増やそうと、朝放課などにも練習し始める子も出てきました。

なわとび運動は、調整力・筋力・持久力等を養うことができます。今週は寒い日が続きますが、寒さに負けず、進んで「なわとびタイム」に取り組み、体力づくりを行ってほしいと思います。

3学期 始業式

1月9日(火)

明けましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いいたします。平成30年となりました。今年もいい一年にしたいものです。

昨年は、地域や保護者の方に支えられていることを実感した1年でした。大変お世話になりました。ありがとうございました。

1月に入り、大井小学校の子どもたちも多く参加した「大黒天」「28社めぐり」がありました。昔ながらの伝統行事を大切にしながら地域の方同士が仲良く暮らしているこの大井・片名地区の良さを改めて感じました。

本日、子どもたちは元気に登校し、始業式を行いました。始業式では、校長先生から、『戌年は「勤勉で努力家。リーダーとしても活躍」と言われる。堅実で真面目に物事にあたり、困難にも立ち向かっていってほしい。そのためにも目標をもってほしい。そして、我慢することは大事なことだ』という話の後、大井小学校の教育目標とめざす児童像である「考える子、助け合う子、元気な子」について確認しました。

式の後には、生徒指導の先生からの話と、保健給食委員会からの「換気キャンペーン」についての連絡がありました。

子どもたちは、どの学年も落ち着いて話を聞くことができ、よいスタートが切れました。子どもたちは、新年を迎えて、新たな目標を立てたり新しい夢や希望をもったりしたことと思います。是非それを大切にしてほしいと願っています。そのうえで、子どもたち一人一人が大井小学校に誇りと愛着をもって、大井小学校の良き伝統を守りつつ、より良い学級、より良い学校をつくっていこうという気持ちをもってほしいと思います。

本日の始業式は、ケーブルテレビが取材に来られていました。本日9日の18:30・21:00・23:00、明日10日の5:30・7:00・12:00、14日(日)の6:00・10:00・18:00・22:00に放送されますのでご覧ください。

2学期 終業式

12月22日(木)

最も授業日数の多い2学期が終わりました。長いようで行事が多い学期でもあるので、あっという間に過ぎてしまったという思いの子も多いのではないでしょうか。私たち教員も、大きな事故や事件もなく、2学期に行われた数々の行事を、大井小学校の子どもたち全員で、元気に立派に行うことができたことに大きな喜びを感じています。

終業式では、まず校長の話がありました。この2学期を、行事等をふまえて振り返るとともに、大井小学校の教育目標とめざす児童像である「考える子、助け合う子、元気な子」についても確認されました。子どもたちにも「考える子、助け合う子、元気な子」を意識して活動することが深く浸透してきました。

次に、各学年の代表の児童のスピーチがありました。代表の児童は「2学期を振り返って思い出に残ったこと」や「この冬休みにやりたいこと」「3学期の目標」など、自分の考えや思いを生き生きと発表していました。今回も、原稿を見ないで元気に発表する子もいて、頼もしく感じました。他の子たちも学年代表のスピーチを真剣に聞いていました。また、校歌も元気よく、心を込めて歌うことができました。

その後、多読賞の表彰及び冬休みの生活について、生徒指導の先生が『お・お・い』にもじって、「おはよう(あいさつ)」「お金(計画的に使う)」「いのち(事故等に気をつける)」として、子どもたちに注意事項をわかりやすく話していました。

下校時には、校長をはじめ何人かの先生が、サンタやトナカイにふんして子どもたちを見送りました。

改めて子どもたちの成長を感じた日となりました。

今年も、多くの行事に、ボランティアの方をはじめ、地域・保護者の方にご協力いただきました。本当にありがとうございました。

どうぞ来年もよろしくお願いいたします。

 

3年生 豆腐作り体験

12月19日(火)

5・6時間目を使って、3年生は、JAあいちの女性部の方6名にご指導いただきながら、豆腐作りに挑戦しました。

3年生は、国語の単元で「すがたを変える大豆」を学習します。その中で、大豆が味噌やたまりにすがたを変えていくことを学んでいます。そこで、今回は、総合的な学習の一環として、実際に豆腐を作ってみることで、すがたを変えていく大豆を再確認しました。

手作り豆腐の味は最高でした。この体験で、子どもたちは、いつも食べている豆腐も手間と時間をかけて作られていることを実感することができました。

1・2年生 おもちゃフェスティバル(1・2年生交流会)

12月15日(金)

3時間目に2年生は『おもちゃフェスティバル』を開催しました。

2年生は国語や生活科の時間に作った「自作のおもちゃ」をたくさんの人に楽しんでもらいたいと考え、『フェスティバル』を開くことにしました。

テーマは「空前絶後のまつりイベント まつりだワッショイ!イエーイ~」です。

1年生や教師を招待し、声を上げて御神輿を担いだり、「自作のおもちゃ」でお店を開いたりして、お客さんを楽しませました。

2年生は、どの子も「自作のおもちゃ」を楽しんでもらうように工夫していましたし、遊び方をしっかり説明していました。そして、おもちゃであそんだ1年生を褒めたり励ましたりして楽しませていました。

招待された1年生は、御神輿を担がせてもらったり、おもちゃであそばせてもらったりして、大喜びでした。そして、言葉や手紙で御礼の気持ちを伝えていました。

のぼり棒 使用できます

12月14日(木)

以前あったのぼり棒は、地面に近い部分が腐食して危険だったため、使用禁止でした。そのため、それを撤去して、新たにのぼり棒を設置しました。

設置業者に、地面の中のコンクリートの固まり具合を確認していただき、14日から使用できるようになりました。

小型にはなりましたが、早速、たくさんの子どもたちが登って、楽しんでいました。

この新しい遊具を大切に扱うとともに、怪我のないように安全に使用してほしいと思います。

5・6年生 人権について学ぶワークショップ

12月6日(水)

大井小学校では、毎年、12月4日から12月10日の人権週間にあわせて、人権に関する道徳の授業や人権標語の募集を行ってきました。今年度は、さらに、6日の3時間目に、5・6年生が参加して「人権について学ぶワークショップ」を行いました。このワークショップには、南知多町の人権擁護委員の方をはじめ7名の方にお越しいただき、アドバイスをいただきました。

「いじめとはどんなことだと思いますか?」「どうしたらなくすことができると思いますか?」などについて、子どもたちは意見交換をした後に、各グループに分かれて[いじめを「しない」「させない」ための『宣言』]を真剣に考えていました。「差別をせず、暴力を振るわないことを宣言します」等、各グループとも、心に訴える『宣言』を発表していました。